蓄膿症 なた豆

なた豆茶通販

なた豆茶通販

蓄膿症と風邪の違いは?なた豆茶で治せるので安心してください

口臭 通販

 

もしかして??蓄膿症セルフチェックをしてみましょう!

 

自分の鼻づまりなどの症状が花粉症なのか?風邪なのか?それとも蓄膿症なのか?
と不安になる前に自分でできるチェック項目を用意しました。
※蓄膿症を診察するものではありません。あくまでも目安としてご利用ください

 

蓄膿症

□ 黄緑色の鼻汁が出ることがある
  (黄緑かどうか色を確認してください)

 

□ 年中鼻が詰まった感覚があり息苦しい
  (風邪とは違い3カ月以上症状が続く場合蓄膿症の確立が高いです)

 

□ 鼻をかんでも奥に違和感を感じる
  (蓄膿症で炎症を起こす場所は副鼻腔という鼻の奥です)

 

□ 鼻や口から嫌なニオイがするようになった
  口臭がザリガニやネズミの死体のような臭いは蓄膿症の赤信号です。

 

□ 集中力を持続できない
  (副鼻腔が炎症すると長時間の思考に集中できなくなります)

 

□ 食べ物の味やニオイの違いをかぎ分けられない
  蓄膿症で膿が溜まった状態ですと鼻腔の器官に異常をきたします

 

□ 頬や目の周り、歯の奥が痛くなる時がある
  蓄膿症で炎症が起きる場所は頬や目の周りなどの頭蓋骨の窪みです

上のチェック項目の症状は蓄膿症の代表的な症状です。
2つ以上自分に当てはまると思う人は速やかに蓄膿症対策をすべきです。

 

 

蓄膿症と花粉症や風邪との違い

なた豆茶

○蓄膿症と風邪の見分ける大きなポイント

 

発熱しているかどうかで見分けることができます。同じ鼻づまりでも蓄膿症では発熱しません。

 

○花粉症と蓄膿症の違い

花粉症の時の鼻づまりは蓄膿症に似ていますが、鼻水の粘度がちがいます。
花粉症は水鼻でサラとしています。逆に蓄膿症は鼻水に膿が混じるため
どろっと黄緑色の鼻水になります。(しかも猛烈に臭いです)

 

 

蓄膿症はなた豆の漢方のチカラで治してください。

 

なたまめ

 

蓄膿症の特効薬ともいえる『カナバニン』が豊富ななた豆を主成分としたなた豆茶を飲むと
鼻の気道の炎症を鎮め、膿も体外に排出することができます。

嬉しい事に効果は花粉症の症状も緩和させるので、『鼻づまり』に悩んでいれば
まずなた豆茶を飲むと安心ですね!

なた豆茶通販

なた豆茶通販